訪問介護事業所ハピネス

『ハピネス(Happiness)』は英語で【幸福、幸運、喜び、満足】を意味する名詞です。訪問介護事業所ハピネスでは、ご自宅で自分らしい生活を継続・維持するために、利用者様個人の生活習慣・生活文化・価値観等を尊重し、生活基盤を整えられるよう支援いたします。なお私たちは、利用者様の日常生活上の第一発見者として、重要な立場になりますので、常に状態の変化に敏感に気づき、ご本人のみならず、ご家族やその他の必要な職種への迅速な相談、連携を図ることが、最も重要な役割であると考えています。

要支援1・2 介護予防・訪問介護サービス(みなし)
要介護1~5 訪問介護サービス

サービス内容

訪問介護

身体介護(利用者の身体に直接接触して行う生活動作に関する介助)
食事介助・排泄介助(トイレ・ポータブルトイレ利用の介助・オムツ交換)・清拭・入浴介助・身体整容・洗面・更衣介助・体位変換・移乗・移動介助・通院・外出介助・就寝・起床介助・自立支援のための見守り援助・特段の専門的配慮を持って行う調理(嚥下困難者のための流動食、糖尿病食等の調理)

生活援助

家事等の日常生活の援助(単身または同居家族が障害や病気病等でやむ得ない事情で、家事を行うことが困難な場合のみ)
清掃・洗濯・ベットメイク・衣類の整理、補修、一般的な調理、配下膳・買物・薬の受け取り

介護予防

身体介護・生活援助の区分を一本化
筋力向上トレーニング・フットケア・尿失禁予防・低栄養予防(利用者とホームヘルパーが一緒に食事作りを行う)・転倒予防・認知症予防・心身機能を回復し介護度進行の予防につながるもの

注意事項

※訪問介護員も含め介護職は、医療行為は原則できません。ただし、体温測定や血圧測定、軽微な切り傷や火傷の処理、軟膏の湿布や湿布の貼付、一包化された内服 薬の内服等は身体介護として行うことが可能です。
※訪問介護員は、家族のための調理、来客の接待など利用者本人の援助に該当しない行為、草刈やペットの散歩など利用者本人の日常生活に差し支えない作業や植木の剪定など、訪問介護サービスに該当しないサービスは行えません。【NPO法人テンダーケアの日常生活支援サービスをご利用ください】
※介護職員処遇改善加算Ⅰ 地域区分:5級地 10.42

米本団地内にある地域密着の訪問介護事業所です。有料老人ホームを運営していますので、24時間緊急時においても、すぐに駆けつけることができます。また、ケアマネジャーのいる居宅介護支援センターを併設していますので、利用者様の生活支援にもっとも身近に接することができ、親切・丁寧に対応できます。関連のNPO法人テンダーケアも運営しているので、介護保険サービスに対応できないことでも、テンダーケアで対応が可能です。スタッフ全員が有資格者であることはもちろん、介護福祉士がスタッフの半分以上になりますので、ご安心いただけます。特に食事の提供に関しては、経営者が調理師でもあり、栄養面も含めこだわりがあり、ご好評いただいています。

令和元年6月現在 

提供責任者 渡邊 常夫  辻田 ひろみ      東  米子

正社員5人 登録ヘルパー13人

ご利用者様の要望に沿ったスタッフを派遣いたします。